/歴史

1798年4月16日、アウグステイン ヴィアル サンテリセス氏がチリ国議会の弁護士の資格を取得した時、チリ共和国の建国時代より、家族の伝統が継続されており、80年前ガブリエル ヴィアル パルマ氏がチリ国サンチャゴ市に法律研究所を創設しました。

ビアル パルマ法律事務所は特に民事、商事において、際立った専門業務を行ってきた道を辿っており、チリの弁護士業界における主要企業に到達しました。


2005年においては当時ヴィアル パルマの経営者は専門業務を続行するために 二つのグループに分けられました。
このようにしてヴィアル弁護士グループが編成され、そのメンバーは熟練した、伝統的な高度な専門性を保ちながら、且つ長年にわたって業務形態および新しい専門分野に完全性をもたらすよう入念に継続的に努力してまいりました。

この目的をもって、2015年より、ヴィアル弁護士グループにセラノ ウェインステイン 弁護士社を存在させた税務の専門弁護士が参加しました。

同様に、2015年1月より、法律事務所の名前がヴィアル セラノ弁護士グループと変更され、創設時代の性格を維持するも、その法律事務所の新メンバーによりさらに増強されました。